スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

イタリアンデー

イタリア人の友人が本場、ティラミスの作り方を教えてくれました!
作るのは、私の役だったけど、、、(仕事ですから・・・)
マスカルポーネ、卵、砂糖、エスプレッソ、クッキー、
めちゃ簡単な材料とレシピだったけど、こだわりはその1品、1品に。
エスプレッソはこのメーカー、クッキーはココ、チーズはこれ!!
さすが、、、イタリアン!!
って日本で入手すんの難しいんだけど。。。
    
   
おばあさんがイタリアでレストランをやってるそうで、
パスタもちょちょいっと作ってくれます。
いつでも、料理習いにおいで。って言ってくれてるけど、、、
その前にイタリア語。

パスタとデザートでオナカ一杯になった後は、
EURO2008のイタリア戦観戦。
どっぷりイタリアに漬かった一日でした。

ちなみにワインはフランス産。。。
イタリア人もフランスワイン飲むんだ!!知らなかった。
友人曰く、「これは、フランスにしてはおいしかったから。」
どこまでも負けず嫌いのイタリア人です。

| 世界の料理 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ピタパン、ファラフェル料理教室

先週ファラフェルを食べたばっかりですが、
今日は中東料理のクラスでした。
ほとんどの料理にひよこ豆。
一晩水に漬けておいて、薄皮を取って、、、、
韓国の餅のクラスを思い出しました。
豆って本当に世界共通の食べ物ですね。
この前アズキを炊いていたら、メキシコ人に
「メキシコ料理みたい・・・」
と言われました。確かに、、、見た目そうやわ。あせあせ

今回のクラスは思ったよりハードでした!!
あなどっていた、ピタパン!
オーブンに入れてはひっくり返し、取り出し、また入れて、、、と
ピザ職人状態。暑い暑い。。。温泉
そして、生地も厚めのビザ生地みたい。。
本当は中が空洞になって欲しかったんですけど、
これじゃぁ、サンドウィッチにできひんわ〜ぶー
ヘルシーで、スパイス効いたおいしいプレートになりました。
| 世界の料理 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ファラフェル

安くておいしいファラフェルがあるんだよ〜。と連れて行ってもらって行ったのは
ブルックリンのbedfordの駅を出てすぐにある「OASIS」
見た目は「本当?」と思ったのですけど、
ドンドン入って来ては去っていくお客さんをみると、
人気はあるみたいです。
     
ファラフェルはピタパンにヒヨコ豆にスパイスの効いたコロッケ、野菜、ピクルスなどが入っている中東(イスラエル・トルコなど)のサンドウィッチです。
ちょっとピクルスが大きめだけど、その方が後味がさっぱりしておいしい!!

大好きな中東のお菓子「バクラバ」があってので、試してみると。。。。
イマイチでした。コレはだめ!

やっぱトルコのバクラバが一番好きだな。
| 世界の料理 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

エルサルバドル料理

クィーンズwoodsideにあるエルサルバドルのレストランへ行って来ました!
どこやねん!って感じですけど。
私も中南米のあの辺りだったかなぁ〜。くらいの曖昧さでした。
お目当ては「ププサ」とうもろこしの生地の中にチーズやお肉が入ってます。
イタリアのカンツォーネ?!韓国のホトッ?!日本でいう・・・・。
親しみやすい味で、何個も食べれそうでした。

スープも具沢山でさっぱり!なんだかホッとする味です。
お店の人もお客さんもナイスな人ばかり。
初めて耳にするドリンクに興味があって質問していたら、
ミニサイズをサービスしてくれました!

うれしい♪けど、、ミニサイズで十分ってくらいの甘さでしたあせあせ

とうもろこし粉を使っているだけあって、メキシカンに近い味だと思ったので、
メキシカンの知り合いに聞いてみると
「うーん。向こうはトルティーヤ(ソフトタコス)を食べないはず。
あと、そんなに辛くなかったでしょ?」と。確かに!
これは聞いちゃいけない事かもしれませんが、つい。「仲いいの?悪いの?」
「悪くないよ。もっと関係が悪い国が他にあるから。」と。
必ずしも、隣人(国)は隣人(国)を嫌うわけではないみたいですね。。。


IZALCO

64-05 Roosevelt Ave(between 64-65st)
| 世界の料理 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

モロッコ料理

モロッコ料理のクラスへ参加しました
すごく行きたい国の1つ!!
タジン(モロッコの土鍋)も欲しい。。。でも高いし重い。。。

日本の土鍋で代用できるかなぁ〜。
と、いろいろ期待に胸を膨らましつつ、楽しみにしていましたラブ
が。。。タジンがない!!使い方が知りたかったのに悲しい
シェフに聞いたら、、、「あー。あれはレストランのデモンストレーションみたいな物で普通の煮込み鍋でいいんですよ。」「・・・・」

料理は至って簡単な物が多かったです。
たくさんのレモンとたくさんのスパイスを使って、
シンプルだけど、味の深い料理が出来上がりました。

茹でるだけかと思っていたクスクスが一番手間がかかりました。
水につけて、蒸して、また水につけて、こすって、蒸して、こする。
その分いつもよりおいしく感じました♪

今回のメニューを見ていて、韓国のナムルを思い出しました
味は全く違うのですけど、、、
ビビンバのクスクス版みたいです。
| 世界の料理 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
Recommend
ジス・イズ・ニューヨーク
ジス・イズ・ニューヨーク (JUGEMレビュー »)
ミロスラフ・サセック, 松浦 弥太郎
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ピエール・エルメのお菓子の世界
ピエール・エルメのお菓子の世界 (JUGEMレビュー »)
ジャン=ルイ ブロック・レーネ,ピエール エルメ,マリアンヌ コモリ
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM